リヴァプール 19/20シーズンベストゴール(暫定)

いやぁ、サッカーのない生活のつまらなさよ。毎週リヴァプールの試合を見るのはもちろん、Jリーグやライバルクラブの試合、他国リーグのダービーマッチなど週末の欠かせない日課となっていたサッカー観戦。

シーズン終了後もJリーグはやっていますし、代表戦やプレシーズンマッチなど何らかの試合はありました。

DAZNを筆頭に、各メディアも試合の分析やら過去の試合のアーカイブ配信など、あの手この手で楽しませてくれようとしていますが、やっぱりリアルタイムの試合以上のものは無いなと改めて実感

やむを得ないとはいえ、サッカー以外のエンタメも全滅状態でストレスの溜まる日常。そんな時はリヴァプールのスーパーゴールを見てスカッとしましょう!

今シーズン、リヴァプールが公式戦で上げたゴールは休止前の時点で92。その中から超個人的なベストゴールを厳選。ジャンル別に紹介します!

スポンサーリンク

炸裂!ミドルーシュート編

サッカーの醍醐味といえばエリア外からの強烈なミドルシュート! ジェラードやコウチーニョといったミドルシューターが不在でもスーパーゴールは生まれています。

3位 チェンバレン vsゲンク

チェンバレン CLvsゲンク

CLグループステージのゲンク戦で生まれたチェンバレンの超絶ゴラッソ。GKが一歩も動けない右足のアウトサイドでの強烈な一発!

2位 カーティス・ジョーンズ vsエヴァートン

カーティス・ジョーンズ FAカップvsエヴァートン

FAカップ三回戦でのカーティスのコントロールショット。フルメンバーのエヴァートンに対して、ほぼユースメンバーで挑んだリヴァプールの決勝点になったこのゴール。今後リヴァプールを背負っていく存在になるであろうカーティスの、記念すべきダービー初ゴールにもなりました。

1位 ファビーニョ vsマンチェスター・C

ファビーニョ 12節vsマンチェスター・C

今シーズン最初の頂上決戦となった12節マンチェスター・C戦。先制点となったファビーニョの目のさめるような超絶ゴラッソ!

技アリ!個人技編

今シーズンも、息を呑むような個人技から生まれた技アリゴールがたくさん生まれましたね。

3位 オリギ vsエヴァートン

オリギ 15節vsエヴァートン

15節エヴァートン戦でのオリギのゴール。ロブレンからのロングフィードを完璧なトラップ、からのGKの位置を見て冷静な流し込み。オリギそんなんできたんかいと思ったゴールでした。

2位 サラー vsザルツブルク

サラー CLvsザルツブルク

CLザルツブルク戦で生まれたスーパーゴール。ヘンダーソンのロングフィードを受け取ったサラーが、GKを交わして右サイドの角度のない位置からシュート。本人も「おぉ入ったw」みたいな顔をしているのが印象的でした。サラー右足のほうが本当は上手いんじゃないか説。

1位 マネ vsノリッジ

マネ 26節vsノリッジ

今シーズンのNo.1技アリゴールはマネのノリッジ戦でのゴール!後方からのボールをしなやかにトラップ、そして体勢を崩すこと無く即座にゴールへぶち込む体幹の強さと判断力。こんなゴールはマネにしかできないでしょう!

劇的!ドラマチック編

サッカーを見ていてもっとも熱くなる瞬間、それは終了間際の劇的なゴールではないでしょうか。形なんてどうでもいい、たとえこぼれ球を偶然押し込んで入ったゴールでも、それはどんなゴラッソよりも価値がある。今シーズン生まれた劇的ゴールのベスト3、いってみましょう!

3位 ララーナ vsマンチェスター・U

ララーナ 9節vsマンチェスター・U

苦手としているオールド・トラッフォードでのマンU戦。先制点を奪われキツイ試合展開の中、85分に途中出場のララーナがロバートソンのクロスに合わせてゴール! 負け試合にもなり得た試合での価値ある同点ゴールでした。

2位 フィルミーノ vsクリスタル・パレス

フィルミーノ 13節vsクリスタル・パレス

先制するも、82分に同点ゴールを許しがっくり来ていた矢先の85分。コーナーキックからのわちゃわちゃ後ボールはフィルミーノのもとへ、これを冷静に流し込んで勝ち越しました。DFが密集する中、何気に難易度の高いゴールでしたね。

1位 マネ vsアストン・ヴィラ

マネ 11節vsアストン・ヴィラ

11節のアストン・ヴィラ戦で生まれた超劇的な逆転ゴールが今シーズンのNo.1

早い時間に先制点を許し、ゴールが奪えず敗戦もよぎる試合終盤。まずは87分にロバートソンが同点ゴールを上げると、アディショナルタイムの94分、コーナーキックをマネが頭で反らして逆転ゴール!

終盤でのゴールと2-1勝利が多いシーズンでしたが、それを象徴するようなアツいゴールでした!

連携!チームワーク編

華麗なパス回しや連携による最高に気持ちのいいゴール!ベスト3がこちら!

3位 マネ vsレスター

マネ 8節vsレスター

まずは8節のレスター戦で生まれたマネのゴール。最終ラインからの完璧なビルドアップと、ミルナーの完璧なボールの受け方ともらい方、そしてその後のスーパーアシストも最高! 冷静に決めたマネも素晴らしかったですね。

2位 サラー vsマンチェスター・C

サラー 12節vsマンチェスター・C

マンC戦で生まれたサラーのゴールは、両SBの規格外ぶりが発揮されたスーパーゴールでしたね。アーノルドの正確無比なサイドチェンジ、走り込んだサラーにだけギリギリ届くロバートソンのピンポイントクロス。何度見ても笑っちゃうくらい最高のゴール!

1位 ロバートソン vsザルツブルク

ロバートソン CLvsザルツブルク

1位に選んだのはCLザルツブルク戦でのロバートソンのゴール!

後方からワンタッチでボールを繋いでいき、最後はアーノルドのクロスにロバートソンが合わせるという、SBの攻撃参加がキモとなっている今シーズンを象徴するようなゴールでした。

今シーズンのベストゴール

Embed from Getty Images

多くのスーパーゴールが生まれましたが、今シーズンの個人的ベストゴール(暫定)は、ザルツブルク戦でのロバートソンのゴール!

連携!チームワーク編でも1位に選んでいますが、ゴールまでの道筋が本当に華麗!パスワーク、マークを引きつける動き、SBからSBへのアシストとまさに完璧なゴールだったと思います。

アンフィールドでまさかの打ち合いになり、今やチームメイトとなった南野にもゴールを決められるなど、何かと印象的な試合にもなりました。

本来はシーズン終了後にまとめようかと思っていましたが、状況が状況ですし一旦振り返ってみました。

ふたたびスーパーゴールに熱狂できる日が一日でも早く訪れて欲しいですね。

タイトルとURLをコピーしました