2019/20シーズン CLグループステージ ゲンク VS リヴァプール

アウェーでのナポリ戦は2-0での敗戦。ホームに迎えたザルツブルク戦は、一時3-0と大差をつけながらも追いつかれ、サラーの決勝ゴールで4-3と薄氷の勝利。すっきりと勝ちきれない試合がつづくチャンピオンズリーグですが、第3節はアウェーでのゲンク戦です。

日本人としては伊東の活躍にも注目したいですが、昨シーズンから数えてグループステージはアウェー4連敗中と激弱なリヴァプール。そろそろ欧州チャンピオンらしくビシッと結果を出して欲しいところ。

試合はその伊東の動きが良く、カウンターなどでピンチもありましたがチェンバレンの復活2ゴールもあり1-4と勝利しました。

スポンサーリンク

スタメン

サラーが負傷から復帰してフロントスリーはいつものスタメンとなりましたが、このあとリーグ戦でのスパーズ、カップ戦でのアーセナルと連戦がつづくため、中盤より下が大きく変更。IHにはチェンバレンとケイタが入り、アーノルドに代わってミルナーが右SB、マティプに代わってロブレンがCBを務めます。

1st HALF サイドアタックだけじゃないリヴァプール

ガラッと変わった中盤の構成、IHに入ったチェンバレンとケイタの攻撃参加がポイントになりそうな試合は、立ち上がりの2分にいきなりチェンバレンが結果を出します。

4-4-2のゾーンで守るゲンクでしたが、ファビーニョがフリーでボールを受け余裕をもって縦パスを出すと、こちらも相手ボランチの脇でフリーのチェンバレンが受けます。そのまま前を向いてコースを狙った見事なミドルシュートが決まり幸先よく先制。久々のチェンバレンらしいゴール! 先日のマンチェスター・U戦ではララーナがゴールを決めていますし、欲しかった中盤の選手にゴールが生まれ始めていい傾向。

しかしその後、深い位置からのロングボールで裏抜けを狙うゲンク。4分にはサマッタ、7分にはオヌアチュと、立て続けに2トップをターゲットとしたシンプルなカウンターによりピンチを迎えます。ロブレン、ミルナーが入ったディフェンスラインは要注意ですね。

アーノルド不在のため伝家の宝刀、超精度なアーリークロスでの攻撃はありませんが、ケイタとチェンバレンのパス回しに、フィルミーノやマネが絡んでのくずしが目立ちます。ここ最近フロントスリー任せな攻撃も多かったため、コンディションが上がってきたケイタやチェンバレン、そしてララーナを使ったくずしが出てくるといいオプションになりそうです。

そんなフィルミーノとマネの美しいくずしから決定機が生まれた直後、伊東の冷静なクロスからサマッタがゴールネットを揺らしますが、VARチェックが入りノーゴール。伊東が若干オフサイドでしたがかなり際どく助かりました。その後は落ち着いた展開がつづき前半を終えます。

2nd HALF 嬉しすぎるチェンバレンの復活スーパーゴール

リヴァプールは前半から引き続き、ケイタとチェンバレンが中央で受けてくずすシーンが目立ちます。一方のゲンクは伊東がいい動きをしており、前半にも多かった伊東の右サイドからチャンスを作ります。

くずしの面でも存在感を見せるチェンバレンが57分、さらに結果を出します。ケイタの縦パスを受けたフィルミーノが、巧みなボールコントロールから中央で待ち受けるチェンバレンにパスを出すと、右足のアウトサイドで合わせてスーパーゴール! ミドルレンジからのゴールが少なかったリヴァプールに頼りになる男が帰ってきてくれましたね!

押し込む展開の中2点差がつき非常に楽な展開になったリヴァプールは、63分にロバートソンに代えてゴメスを投入。代表を含めてフル稼働のロバートソンですが、ようやく少し休めますね。73分にはチェンバレンに代えてワイナルドゥムを投入。チェンバレンの復調ほど嬉しいニュースはないので、このまま完全復活して欲しい!

77分には交代で入ったワイナルドゥムがボールを奪うと、フィルミーノ→サラー→マネと鮮やかにボールを回してゴール。フロントスリーが絡む完璧なくずしで文句なしのゴール。80分にはフィルミーノがオリギと交代、主力がしっかりと休める理想的な展開です。

さらに87分には最近おとなしめだったミスター理不尽ことサラーがスーパーゴールを決めます。マネからのパスを受けるとクエスタを背負いながら反転、ルクミのチェックをサッとかわしてゴールへ流し込みます。相手CB2人を軽くいなしてのまさに理不尽ゴール! マネ、サラーと両翼が互いにアシストし合う完璧な展開ですが、直後にもったいない失点。

88分にロブレンのやらかしからボールを失うと、サイドから突破され最後は途中出場のオデイがゴール。アリソンが復帰しましたがなかなかクリーンシートといかないですね。このまま試合は終了し、結果は1-4の完勝。連敗していたCLグループステージのアウェー戦でしっかりと勝ち点3を獲得しました。

今節の推しプレー

24分 フィルミーノのラボーナでのくずし

マネがエリア前でミルナーからのパスをワンタッチでフィルミーノにあずけると、絶好調のフィルミーノがラボーナでの鮮やかなワンツー。ゴールにはなりませんでしたが、エロいプレーで魅せてくれました。

57分 チェンバレンの技ありスーパーゴール

魅力的なゴールシーンの多かったこの試合ですが、特別すごかったのはなんといってもチェンバレンのゴールでしょう! フィルミーノからのパスを右アウトサイドのループで落ち着いてゴール。ここ数試合で中盤の選手のゴールが増えてきたのは非常にいい傾向です!

スタッツで振り返る

平均ポジションとヒートマップ
出典:WhoScored.com

アウェーでの戦いながら、完全にボールを支配して押し込んでいたため終盤の失点が悔やまれます。それにしてもアーノルドがいない影響と、チェンバレンとケイタをIH起用した結果か、相当中央によったポジションとなっています。サイドアタックだけでなく中からのくずしもオプションとして持っておけば、いよいよ死角なしになりそうですね!

タイトルとURLをコピーしました