2019/20シーズン 第3節 リヴァプールVSアーセナル

開幕から2連勝とスタートダッシュに成功したリヴァプール。迎えた第3節、シーズン最初のBIG6との対戦はアーセナル!こちらも2連勝と波に乗っています。

勝利した方が唯一無傷の3連勝となる頂上決戦は、見事リヴァプールが3-1で完勝。さっそくこの試合を振り返って見ましょう!!

スポンサーリンク

スタメン

リヴァプールVSアーセナル スタメン

負傷中のアリソンを除いてベスメンですね。負ける気がしねぇ。アドリアン、セービングの反応はめっちゃいいからパス回しのポカだけ気をつけてね。

1st HALF 引いて守るアーセナルの攻略

自らのアイデンティティを捨て引いて守る戦略を選んだアーセナル。オーバメヤンとペペを2枚前線に残し、その下にセバージョス、あとはラインを下げてがっつり中を固めます。

対するリヴァプールは、空いたサイドのスペースを活かして両サイドバックがクロス、クロス、クロス。跳ね返されてもセカンドボールを回収して、再びサイドへ流してクロス。うーん、ロバートソンはともかくアーノルドは最近精度が悪くないですかね。サラーが中盤に下りてきてボール回しに参加したりもしますがイマイチ効果的ではありません。

アーセナルは狙い通りにペペの一発裏抜けで決定機を作りますが、フィニッシュの精度が悪く助かる場面も多かったですね。先制点を決められていたらかなりピンチだったかも。ペペがフィットしきっていない序盤で当たれたのはよかったです。

外からも中からもなかなか決定機が作れないリヴァプール、そんな時は、はいセットプレー!
41分アーノルドのコーナーキックからマティプのヘディングゴール!!この日はカウンターの芽を潰す仕事もきっちりこなしてくれて大活躍!あとアーノルド、さっきは精度悪くない?とか言ってごめんなさい。

前半はこのまま1-0のリヴァプール1点リードで終了します。

2nd HALF ファラオの躍動

前がかりになるアーセナル、スペースががら空きだぜ。
アーノルドからの鋭いパスをエリア中央で受けたフィルミーノが、抜け出したサラーへワンタッチで出すと、マークについていたダヴィド・ルイスがサラーのユニフォームをがっつり引っ張りPKに。49分サラーが自らエグいコースに決めて2点目

そしてその10分後、ファビーニョのスルーパスからチャンスが生まれます。抜け出したサラーがダヴィド・ルイスの軽いプレスをサッとかわし、がら空きになった右サイドを独走。そして伝家の宝刀左足を一閃。サイドネットへ吸い込まれ追加点!

Mo Salah~♪
Mo Salah~♪

59分本日2得点目となるサラーのらしいゴールでほぼ勝ち確になったリヴァプール。85分トレイラに一点を返されますが、3-1で試合終了。3連勝で文句なしの単独1位!この勝利で昨シーズンの試合も含め12連勝となり、リヴァプールにとってプレミアリーグ発足以降の最多連勝記録になりました。

今節の推しプレイ

42分 フィルミーノのど変態スルーパス

先制後後アーセナルの最終ラインと中盤の間が空き始めるとこの男の無双がはじまります。左サイドでボールを受けたフィルミーノ。鮮やかなフェイントでゲンドゥージを惑わせると、あまりの華麗なプレーにアーセナルディフェンス陣はもうくぎ付け。

「お、真ん中空いてるじゃん」てな具合にサラーが走り出すと、合わせるように素早いキラーパス。まさに蝶のように舞い蜂のように刺す。得点にこそなりませんでしたがフィルミーノのテクニックが凝縮された素晴らしいプレーでした

77分 ファン・ダイク VS ペペ

中盤でボールを失ったリヴァプール。ウィロックから前線に残るペペにボールが渡るとファン・ダイクと1対1に、ここを抜けられると失点確実ものの場面でしたが、そこはファン・ダイク縦も中も切りつつディレイ

猛烈な勢いで帰陣したミルナーがボールを奪いましたが、ファン・ダイク一人でも十分に対応できていました。本当に頼りになる男です。

データで振り返る

平均ポジションとヒートマップ
出典:WhoScored.com

スタッツやヒートマップからもアーセナルがゴール前をガッチリ固めて、リヴァプールが相当押し込む展開だったことが分かりますね。アーセナルがラカゼットをスタメンで使い、打ち合う展開になっていた方が怖かったかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました