2019/20シーズン 第20節 リヴァプール VS ウォルバーハンプトン

レスター戦から中二日、プレミア名物年末年始の超過密日程での第20節はウルブス戦。2日前に数的優位とはいえ2点差をひっくり返してシティを撃破。シティ相手にダブルを成し遂げ勝点を6ポイントも削ってくれたありがたい相手。

ウルブスにとっては中一日という鬼畜日程、この試合ではトラオレなどの主力はターンオーバーしていただいて、ゆるく親善試合気分でいきましょうよ。

スポンサーリンク

スタメンと結果

右SHにララーナを据えた【4-2-3-1】の布陣で挑むリヴァプール。もう少しメンバー変更するかと思いましたがほぼフルメンバーとなりました。久々のスタメンとなったララーナ、攻撃でのサラーやアーノルドとの絡みに期待!

1st HALF お疲れモードのリヴァプール

互いに過密日程での厳しい戦いとなった今節。リヴァプールはサラーをトップに残した【4-2-3-1】の布陣。対するウルブスはトラオレとヒメネスをターンオーバーで温存した【3-5-2】の布陣でのマッチアップ。

守備時は5枚の最終ラインと、アンカーに入るネベスによる堅い守備を構築するウルブス。陣形が整う前にトップのサラーを目がけたロングボールを使用し、縦に早い攻めを見せるリヴァプール。

序盤からサラー→アーノルド、アーノルド→サラーとシュートシーンを作ります。サラーのシュートシーンは完全に決定機でしたが枠外。疲労の影響もあるのか、得意の左足でも枠を捉えられないシーンが目立ってきたサラー。直近の試合では右足のゴールばかり、その方がむしろ余計な力が入らずにいいんじゃない?

ジョタとネトがファン・ダイクとゴメスを、デンドンケルとモウチーニョがワイナルドゥムとヘンダーソンを、それぞれがっつりとマークしているため中央からのつなぎは封じられ、必然的にサイド攻撃一辺倒になるリヴァプール。

今節では右SHに入ったララーナがアーノルドとサラーをうまくつなぐ役割を担い、右サイドからの攻撃が目立ちます。

ヘトヘトのスタメン組に対して元気が有り余っているララーナ、裏抜け狙いや特攻プレスなど走り回りチャンスには必ず絡む活躍ですが、結果右サイドががら空きになることもありそこだけちょっと心配。

システムのかみ合わせの問題もありますが、中央からのくずしがほぼ皆無となりファビーニョの不在がここにきて効いてきてしまっている印象。

なかなかチャンスを作れない中41分、ファン・ダイクのロングボールに抜け出したララーナが、ディフェンスを引き付けつつ肩でボールを送ると、これをマネがゴールに流し込んで待望の先制点! ララーナがしっかりと結果を残してくれました。

その後ウルブスに完全にくずされてネトにゴールネットを揺らされますが、VARのオフサイド判定により取り消し。ここまで厳密にやる必要があるのかと疑問に思えるシーンでしたが助かった…

結局VARの恩恵も受けつつ前半は1-0で折り返します。

2nd HALF トラオレ怖すぎ

なんとか1-0とリードして折り返したものの、どちらかというとウルブスのプラン通りに進んでいた前半。おそらく後半に投入されるであろうトラオレとヒメネスに備えて追加点が欲しいところですが、後半も開始早々からウルブスペース。

最終ラインからしっかりとボールをつなぎ、左右に揺さぶりつつリヴァプールゴールに迫ります。セカンドボールの回収もウルブスに分があり、簡単なロストなどらしくないプレーも目立つリヴァプール。

非常に嫌な空気の中57分、ウルブスはネヴェスに代えてサイスを、そしてデンドンケルに代えてトラオレを投入。トラオレ投入はちょっと早くないっすか?

投入直後からフィジカルを活かしたドリブル突破を図るトラオレに対して、しなやかにボールを運びチャンスメイクをするマネ。互いにギアを一段上げてプレミアらしいインテンシティの高い展開に。

落ち着きのない展開の中、67分にはララーナに代えて中盤でボールをキープできるケイタを投入。しかしその直後ファン・ダイクが自陣で珍しい不用意なロスト、さらにマネもキックミスでマイボールを失うなど疲労の色が隠せなくなってきました。

72分にジョタに代わってヒメネスが入るとさらに増す攻撃力。トラオレとヴィナーグレのサイド突破にヒメネスの抜け出しと、いつ失点してもおかしくない状態。シュート精度の低さに何度も助けられる危うい時間がつづきます。

終盤は防戦一方となりますが、ファン・ダイクの高さと強さ、ゴメスのスピードを生かした守備。CBの2人がしっかりと守りきりなんとか1-0と勝利を収めました。

ウルブスめちゃくちゃ強かった… 日程の問題もあると思いますがシティやレスターよりしんどかったですね。

今節の推しプレー

72分 ゴメスのカバー

アーノルドがヴィナーグレにぶち抜かれてフリーでクロスを上げられますが、ゴメスがフルスプリントでカバー。この試合ではゴメスのスピードを活かした守備に助けられる場面が多く、パフォーマンスがようやく安定してきた印象。やっぱり試合に出てナンボですよね。

データで振り返る

平均ポジションとヒートマップ
出典:WhoScored.com

うーん、ポゼッションこそ上回っていますがシュート数はイーブン。コーナーキック数はウルブスの方が上で印象通り攻め込まれていました。

今シーズンは引き分けか、負けでもおかしくない試合を勝ちきれることが多く、王者の風格が漂ってますね。

タイトルとURLをコピーしました