【レビュー】2019/20シーズン 第32節 マンチェスター・C vs リヴァプール

もともとは優勝をかけた大一番として予定されていたであろうこの一戦も、リヴァプールが圧倒的なシーズンを送り前節で優勝を決めたため消化試合の一つに。

とはいえライバルにガード・オブ・オナーで迎えられつつ落としてしまっては気分が悪い。

マンCにダブルを達成して圧倒的なシーズンにもう一つ花を添えたい一戦を振り返りましょう!

スポンサーリンク

スタメンと結果

完敗、圧倒的なボロ負け…悔しすぎる…

優勝のプレッシャーから開放されて気が抜けたリヴァプールと、一矢報いてやろうというマンCの気持ちの差がモロに出た内容となってしまいましたね。

1st HALF そう、前半20分までは…

リヴァプールボールでキックオフ 
  • 00分
    マンCは中盤の底2枚の【4-2-3-1】

    普段の【4-3-3】ではなく【4-2-3-1】のシステムとなったマンC、フィルミーノの後方にギュンドアンとロドリが並び、フリーとなった方に楔を入れてビルドアップ。

    リヴァプールはフロントスリーと中盤のメンバーで高い位置からプレスを仕掛けるインテンシティの高い入り。

  • 03分
    サラーの裏抜けで最初の決定機

    ファン・ダイクから裏抜けサラーへ黄金パターンのロングフィードから最初の決定機を迎えますが、エデルソンがナイスセーブ。

  • 17分
    ジェズスのラインブレイク

    デ・ブライネのスルーパスに抜け出したジェズスが決定機。オフサイドに助けられましたが、前半2分にもメンディからのボールで似たような場面がありました。

    両CBの背後が完全に狙われている感じ。

  • 18分
    サラーのシュートはポスト直撃

    フィルミーノのおしゃれトラップからのタイミングをずらしたスルーパスに抜け出したサラーがシュートするもポスト直撃。

    エティハドのマンC戦はポスト多すぎ、これが入っていれば…

  • 25分
    GOAL
    デ・ブライネのPKで先制を許す

    ゴメスがエリア内でスターリングを倒してPKを与えると、デ・ブライネが冷静に決めて先制。

  • 35分
    GOAL
    カウンターからスターリングのゴール

    高い位置でボールを奪われると一気にカウンターを喰らいスターリングがゴール。2-0とリードを広げられます。

    このあたりから細かいパスのズレが目立ちはじめ、なんとなく覇気もなくなってしまったような印象。

  • 45分
    GOAL
    フォーデンのゴールで前半終了。実質試合も終了…

    ロバートソンが釣り出されたスペースをフォーデンとデ・ブライネのワンツーで使われて3-0。

    リヴァプールが前半で3失点したのは5年ぶりだそうで、いろんな記録がありますな。

前半20分くらいまでは前線と中盤が連動したプレスも効いていましたし、フィニッシュまで持ち込める場面も多く非常にいい内容だったと思います。

先制を許し、特に2点目を入れられた時点でスイッチが切れたのか残念な前半となってしまいました。

2nd HALF ふわふわなリヴァプール

マンチェスター・Cボールでキックオフ
  • 45分
    オックスレイド=チェンバレン投入

    後半開始からゴメスに代えてオックスレイド=チェンバレンを投入。ファビーニョをCB、ヘンダーソンがアンカーに入ります。

    ゴメスはスターリングにやられていた上にイエローももらっていたので仕方なしか。

  • 49分
    ピンチ3連発

    後半開始直後からスローインのミスやらカウンターやらでマンCの決定機3連発。先が思いやられる。

  • 53分
    今日のマネはあかん

    ヘンダーソンがインターセプトから完璧なスルーパス。ほぼ流し込むだけのボールをマネが何故かスルー。何かがおかしい。

    アンカーの位置に入ったヘンダーソンが最高のラストパスを連発していたのでここいらで一点返せていれば。

  • 62分
    オリギ&ケイタ投入

    ワイナルドゥムに代えてケイタ、フィルミーノに代えてオリギを投入。ポジション変更は無し。

  • 65分
    GOAL
    オックスレイド=チェンバレンのオウンゴールで4失点目

    カウンターからスターリングが放ったシュートをオックスレイド=チェンバレンがクリアしきれずオウンゴール。

    カウンターの起点となった場面ではアレクサンダー=アーノルドが簡単にマフレズにボールを奪われ、ロバートソンがスターリングのマークを外すなど、どうにも軽さが目立ちます。

  • 76分
    ネコ・ウィリアムズ投入、さっそくチャンスメイク

    アレクサンダー=アーノルドに代えてネコ・ウィリアムズを投入。直後にサラーへのクロスで決定機を作ります。出場するたびにインパクトを残してくれますね。

    アーノルドとポジションかぶっているのが残念というかもったいなさすぎる。

  • 85分
    南野投入、今日は左サイドへ

    マネに代えて南野を投入するとそのまま左サイドへ、出場するたびに違うポジションで試されてますね。

    10分近くの出場機会はあったもののタッチ数は1という結果。

    頑張って欲しいけどまだ空回りしている印象で時間かかりそう。

  • 90+4分
    VARに救われて試合終了

    終了間際にマフレズにゴールネットを揺らされますがVARで直前にハンドがあったとの判定で取り消し。正直取らなくていいレベル。なんやお情けか。

    結局4-0で大敗。ふわふわと浮ついた感が拭えなかったリヴァプール。ここで優勝決定戦のほうが絶対良かったわ…

カップ戦はすべて敗退しており、悲願のリーグ優勝を早々に決めたばかりのリヴァプールに対して、CLとFAカップを残しているマンチェスター・C。

このレベルの試合、わずかでもモチベーションの差があったとしたら納得せざるを得ない結果かもしれません。

この結果をカンフル剤として残りの日程、勝ち点記録や得点王など貪欲に狙ってほしいですね。

戦術考察

1分:マンCのビルドアップへの対応

ビルドアップ時にギュンドアンとロドリをフィルミーノの背後へ立たせる【4-2-3-1】のシステムを採用したマンC。

フィルミーノがロドリへのコースを消すことでギュンドアンへボールを出させ、そこにワイナルドゥムがプレス。

降りてきたフォーデンへはファビーニョがマーク、さらにデ・ブライネへはヘンダーソンがプレスをかけてボールをカット。

立ち上がりからしばらくはフロントスリーと中盤3枚がよく連動したプレスが見られ、逆に時間が立つにつれてそのプレスを剥がして一気に前線まで運ぶ縦に早いマンCの上手さが見られました。

8分:リヴァプールのビルドアップとマネをターゲットにした攻撃

アレクサンダー=アーノルドとヘンダーソンが縦関係でサイドに開き、ファビーニョが楔に入ることで外→内→外と前進。

ヘンダーソンがフリーで対角のマネへロングボールを配球。マネがボールを収めて決定機になりかけました。

守備時に【4-4-2】のブロックを敷くマンCに対してデ・ブライネの脇からマークを釣り出しつつ非常に上手くボールを運べた局面。

この試合マネをターゲットとした攻撃が多く、実際途中交代ながらもサラーよりタッチ数が多かった。

マンCの右CBが経験の少ないガルシアだったため意図的に狙った可能性もあります。

ただこの試合マネがなんとなくパッとしなかったんですよねぇ。そこが残念でした。

データで振り返る

平均ポジションとヒートマップ
出典:WhoScored.com

今節ではロドリorギュンドアンにボールを預け、デ・ブライネを経由して一気にファイナルサードへと縦に早い攻撃を仕掛けてきたマンC。

ポゼッションはともかくパス数の少なさと中央に寄ったヒートマップからも明確な意図を感じます。

完全にしてやられた一戦となってしまいましたね。

タイトルとURLをコピーしました