リヴァプールの歴史を学ぶ

リヴァプールの歴史を勉強中、クロップきっかけの新米KOPによるまとめです。

スポンサーリンク

リヴァプール創設

1981年アンフィールドのオーナーであったジョン・ホールディングが、アンフィールドを本拠地としていたエヴァートンに対し施設使用料の値上げを要求。エヴァートン側がこれを拒否し、現在のグディソン・パークへの移転を決定しました。

あれ、アンフィールドをホームとするクラブがなくなったぞどうしよう。それなら新しいクラブを作ればいいじゃん!
ホールディングは新たなサッカークラブの設立を決意。その結果1892年3月15日、アンフィールドをホームとするクラブ

リヴァプールの誕生です!

アンフィールドはもとはエヴァートンのホームだったんですね。

初タイトル獲得と迎える絶頂期

1892年に誕生したリヴァプール、設立年にはランカシャーリーグという地域リーグに所属することになりました。輝かしい歴史のまさに1ページ目、リーグ戦での初対戦相手はプレストンにあるハイアー・ウォルトンというクラブ、その対戦結果は…

8-0の圧勝!!

デビュー戦を圧勝で飾ったリヴァプールは、その勢いのままランカシャーリーグを制し、全国リーグのフットボールリーグ・ディヴィジョン2へと昇格を果たします。さらにリヴァプールの快進撃はつづきます。昇格年の1893-94シーズンにもリーグを制し、プレミアリーグの前身となるフットボールリーグ・ディヴィジョン1への昇格を果たします。

しかし1部の壁は厚かった。初挑戦となった1894-95シーズンは最下位に終わり、再びディヴィジョン2の舞台へ降格することになるのですが、翌シーズンには再び優勝。すぐさまディヴィジョン1の舞台へ舞い戻るとその後は定着。そして1900-01シーズン、ついに待望の瞬間が訪れます。

リヴァプール、ディビジョン1初優勝!

設立からわずか8年足らずで頂点に立つと、安定した強さを見せるリヴァプール。特に1975年から1984年にかけての10年間は3連覇を含む合計7度のリーグ制覇を果たす絶頂期を迎えます。最終的に頂点に立つこと18回、フットボールリーグ最多優勝を記録することになりました。

2度の悲劇と低迷期

絶頂期の1980年代、過熱するフットボール人気によるサポーターのフーリガン化問題。老朽化するスタジアムとダフ屋の横行、対応に追いつけない運営。このような要素が引き金となり大きな悲劇が起きてしまいます。

ヘイゼルの悲劇

1985年ベルギー・ブリュッセルにあるヘイゼル・スタジアムで行われた、ユヴェントスとのUEFAチャンピオンズカップの決勝。ここでサポーター同士の衝突がきっかけとなり、39人が死亡、400人以上が負傷する群集事故が起こります。

スタジアムの客席に設けられた一般観客用ゾーン。このゾーンをダフ屋でチケットを購入したユヴェントスサポーターが埋めることになったのですが、なんとそこはリヴァプールサポーターのゾーンすぐとなり。運営側も想定外の事態です。

空き缶を投げつけるなどの挑発行為からはじまった両サポーター同士の衝突。やがてゾーンを隔てる防御用フェンスを破壊し、リヴァプールサポーターがユヴェントスサポーターのいるゾーンへなだれ込んでいきます。メインスタンドとの境にある壁際に追いやられるサポーター、老朽化した壁はその人波に耐えきれず倒壊。これによって発生した群衆雪崩が原因となり、多数の犠牲者が発生する悲劇が起こってしましました。

さらに主催者側の「試合を中止することで騒動が過熱するおそれがある」との主張により、試合は1時間半遅れたものの決行。なんという悪手…ユヴェントスが1-0で勝利を収める結果となりました。

その後リヴァプールは7年、その他のイングランドのクラブは5年国際試合出場停止という重い処分を下されることになります。

ヒルズボロの悲劇

1989年イングランド・シェフィールドのヒルズボロ・スタジアムで行われた、ノッティンガム・フォレストとのFAカップ準決勝。収容能力を大幅に上回るサポーターが押し寄せたことにより、死者96人、負傷者700人以上を出す群衆事故が起きてしまいます。

なぜこのようなことが起きてしまったのでしょうか。

この時代の多くのスタジアムは立ち見席を設置していました。椅子席より多くの観客を収容することが可能なこの席は、クラブにとって大きな収入源となっていましたがその反面、熱狂的なサポーターが集まりやすく、収容能力をオーバーして集客してしまう問題を抱えていました。

試合当日、例によって収容能力を超えるリヴァプールサポーターがスタジアムに駆けつけます。試合開始前に立ち見のテラス席はすでに満員に、さらに会場外にも数千人のスタジアムに入ることができないサポーターが押し寄せています

このような状況の中無線通信の不良もあり、会場外の警視は中の様子を把握しておらず、会場内の警備は外の様子を把握していないという事態。最悪です。
結局会場内に通知することなく、普段は退場用に使用されるゲートを開放。満員のテラス席に2,000人を超えるサポーターがなだれ込みます。この結果多くの観客が押しつぶされ多数の犠牲者が出ることになりました。

イギリスのスポーツ史上最悪の事故となった惨劇により、1部と2部に所属する全てのクラブのスタジアムに、立ち見席の廃止と椅子席への改装が義務付けられることになりました。

悲劇からの低迷

スポーツ史に残る悲劇を短期間に2度経験したリヴァプール、1989-90シーズンの優勝を最後にリーグ戦での優勝は途絶え、名称がプレミアリーグへ変更後も優勝からは遠ざかっています。欧州の舞台でも出場停止処分が大きく影響し、2000-01年シーズンのUEFAカップを獲得するまで無冠がつづきました。

まとめ

リヴァプールの黎明期からプレミアリーグ創設前後までの歴史をまとめてみました。
設立のきっかけ、絶頂期と悲劇。歴史を知れば知るほどもっと深く知りたくなる。本当に素晴らしいクラブ。さらに勉強して立派なKOPを目指します。

タイトルとURLをコピーしました