2022年ワールドカップ2次予選 ミャンマー代表VS日本代表 レビュー

いよいよはじまりました2022年ワールドカップアジア2次予選。初戦はアウェーでのミャンマー戦です。やたらと前回大会の2次予選初戦でのスコアレスドローを引き合いに、アジアでの試合は難しい!とメディアが煽りまくっていましたが…これ、今後もずっと言われ続けるでしょうね。結果の方は0-2とアウェーの地で勝ち点3を持ち帰ることができました。試合内容をさっそく振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

日本代表スタメン

試合開始時のFIFAランキングが日本の33位に対して135位のミャンマー、かなりの格下相手ですが大事な初戦、直前のパラグアイとの親善試合と変更無しのガチのスタメンで挑みます。

1st HALF 劣悪なピッチコンディションとの戦い

TVの画面で見てもよく分かるほどの豪雨の中試合ははじまりました。選手が走るたびに水しぶきが上がる、なかなか見かけない劣悪なピッチコンディション。開始直後はロングボールを使用して無理につながずに、跳ね返されたところを回収して攻めるようなスタイルでした。

引いて守るミャンマー相手に存在感を見せたのは中島。ボールをキープしながら相手DFを引きつけ空いたスペースにボールを出したり、柴崎とのパス交換でリズムを作っていきます。そんな中16分、早い時間での待望のゴールが生まれます。

前線で堂安がボールをカットすると拾った冨安が中島へ、受けた中島はボールをキープしつつカットインからのミドルシュート!これが綺麗にゴールネットへ吸い込まれ先制点。堂安の中央から左サイドの方へ流れるデコイも良かったですね。ミャンマーDF陣が見事に引きつけられてシュートコースが完全に空きました。このあたりの連動は森保体制後の不動のスタメンとして中盤を形成してきただけあります。

その後も日本が一方的に押し込む展開が続き、26分追加点が生まれます。橋本からペナルティエリア中央でパスを受けた大迫が堂安へ渡すと、堂安は相手をかわし左足で強烈なシュート。これはGKに阻まれるもののこぼれ球がふたたび堂安のもとへ、一瞬気を抜いた相手DFのスキをつき南野が背後へ抜け出すとそこへドンピシャのクロス。フリーとなった南野がなんなくヘディングでゴールへ突き刺し2点目。理想的な時間帯に追加点が生まれます。

その後はミャンマー選手のラフプレーが目立ち、大迫、吉田、中島と中心選手が次々と危険なタックルを浴びせられヒヤヒヤもん。しまいにはサポーターがピッチに乱入するカオス状態で前半は終了。

2nd HALF 久保投入も追加点ならず

後半は雨も弱まりミャンマー側がラインを上げてきたため、日本らしくパスをつないでの連携によるゴールも期待できる展開。立ち上がりから中盤の中島、南野、堂安と大迫がポジションを流動的にチェンジしながらチャンスを量産します。

しかし、フィニッシュの精度を欠きなかなか得点が生まれません。相手の戦意をそう失させるダメ押しの3点目を奪うため65分、堂安→伊藤 76分、南野→鈴木 81分、中島→久保と交代カードをすべて攻撃の選手で使います。

伊藤、鈴木はスピードを活かし、久保はワンタッチパスなどでリズムを作り、それぞれ決定機を演出しますが結局得点は奪えず。終盤は得失点差を最小限に抑えるためか、負けているミャンマー側が時間稼ぎをするもやもやする展開となり、試合は0-2の日本の勝利で終了しました。

試合の総括

まずはアウェーの地で勝ち点3を獲得できたことがなにより、欲を言えば最低でももう1点は欲しかったところです。2次予選はまだいいとして、今後の戦いを考えると前線の選手がこれ程自由にフリーで動けることは少なくなるはず、何度も言われていることですが決定機に確実に決める力が欲しいですね。ひとまずこの試合に関してはけが人が出なくてよかった。これにつきます。

タイトルとURLをコピーしました